ねこだって悩んでる

ノラ出身の黒猫「ノンちゃん」のことなど。ペットと暮らす賃貸マンションを建てることになりました。

夏の家パーティーに生ビールサーバーレンタルが役立つ

 

昨年家を建て替えてから、家に人を招いてパーティーすることが増えました。

 

そんなときに重宝しているのが「生ビールサーバーのレンタル」です。

 

 

生ビールサーバーレンタルとは

 

居酒屋さんで飲むような生ビールがお家で飲めるステキなシステムです🎵

 

うちがいつも頼んでいるのは、「大國屋酒店」。

大阪市内なら配達してもらえます。

 

www.ookuniya.com

 

 

生ビールサーバーレンタルのメリット

 

1 家で生ビールが飲める

2 冷蔵庫に入れなくていい

3 お客さんや子どもがビールを注いでくれる

4 空き缶が出ないので、ゴミが減る

 

 

1 家で生ビールが飲める

 

もちろんこれですよ❗(* ̄∇ ̄)ノ

外で働く人はしょっちゅう飲んでるでしょうが、主婦は生ビール滅多に飲めない。

ですので、半分くらいは私の願望です。

 

2 冷蔵庫に入れなくていい

 

缶ビールを冷蔵庫で冷やすのって、場所をとりますよね。

ただでさえ食材で冷蔵庫が一杯。

お客さんに取ってもらうのも気を使います。

 

3 お客さんや子どもがビールを注いでくれる

 

缶ビールや瓶ビールの時は「ビール取ってきて~」「ビール持ってきて~」が多く、料理の手を止めたり、ゆっくり飲めない時が多かった。

 

生ビールサーバーは電源要らずで、テーブルのすぐ横に置けるし、面白いのか皆さん自分で注いでくれます。

子どもたちも注ぐの大好き。

居酒屋さんごっこができます。

 

4 空き缶が出ないので、ゴミが減る

 

いつも飲み会の後はゴミがたくさん❗

ビールだけじゃなく、チューハイやソフトドリンクも飲むので資源ごみだけでごみ袋1つに収まるかどうか。

ビール缶だけでも減ってくれると、置場所にも困らずありがたいです。

 

 

生ビールサーバーレンタルのデメリット

 

1 缶ビールより、ちょっと高い

2 受け取り、引き取りの手間がいる

3 場所をとる

4 注ぐのにコツがいる

 

1 缶ビールより、ちょっと高い

 

今回はお祝い事だったので、奮発してプレミアム・モルツにしました。

 

10L 6912円

メンテナンス料と炭酸ガス代 510円

配達料 地域によっていろいろ

 

500mlが20本と考えると、やはりちょっとお高め。

 

モルツやスーパードライだと10Lで5940円(税別)。

缶ビールよりは高いけど、外で生ビール飲むよりお得、といったところでしょうか。

 

2 受け取り、引き取りの手間がいる

 

配達日時はたいてい指定できるので、今まで不都合だったことはないですが、面倒と言えば面倒です。

直接取りに行ったり返しに行ったりすると、配達料がただになります!

 

3 場所をとる

 

f:id:mingua:20170703151604j:plain

 

こんな感じになるので、オシャレな室内から一歩遠のきます。

あと、冷やすための氷と水受けのバケツが必要です。

 

4 注ぐのにコツがいる

 

慣れてくればどうってことはないんですが、夏場は特に泡が立ちやすいらしく修行が必要です。うまく注げると、それだけでうれしい❗(*≧∇≦)ノ

 

 

 

夏の集まりやバーベキューにもおすすめ。

封を開けると3日で飲んでしまわないといけないところだけ、要注意です。

冷蔵庫が一杯でどうしよう!という方は、一度試してみてはいかがですか?

( ̄∇ ̄*)ゞ