ねこだって悩んでる

ノラ出身の黒猫「ノンちゃん」のことなど。賃貸マンションを建てることになりました。

ふるさと納税の返礼品合戦は加熱していいと思う

ふるさと納税の返礼品合戦が加熱しているとして、総務省が返礼品割合を3割までに押さえるように通達を出したそうな。

 

f:id:mingua:20170606122326j:plain

余計なことを。

 

せっかく地方の特産物に注目する流れが出来てきてたのに。

 

ふるさと納税の返礼品は生産者にとって、おそらく今の日本で唯一「良品を買い叩かれずに適正価格で売れ、広く知ってもらえる」システムやと思う。

これで息を吹き替えした生産者も少なくないと思うねん。

 

 

納税者にとっても、こんなに楽しく税金を納められることってない。

私は初めて税金をたくさん納められるようになりたいと思ったよ。

 

ふるさと納税をまだやったことない人もいてるでしょうからちょこっと説明。

ふるさと納税とは?ふるさとチョイスからひっぱってきました。

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?

 

 

ふるさと納税とは、あなたが好きな地域(都道府県・市区町村)を選んで寄附が出来る仕組みです。

寄附をすると、税金が控除されたり、寄附金の使い道を指定して地域を応援できたり、さらには寄附した地域からお礼の品として美味しいお肉やお魚などがもらえることがあります。

例えば年収600万円の方は、ふるさと納税を活用しない場合は65,000円の税金を納めるところ、ふるさと納税で65,000円を寄附することで、63,000円の税金を先払いしたことになり本来支払う分から税金が差し引かれ、さらに寄附先からお米や和牛などをもらえることがあります。※1※2

      • ※1:個人が自治体へ寄附した場合、控除を受けられる上限額の範囲内であれば、2,000円を超える部分の全額が控除の対象となります。
      • ※2:寄附する人の年収や家族構成などに応じて控除が受けられる上限額は変わりますのでご注意ください。

 

税金の一部を地方の自治体に納めることで、その市町村の特産品がお礼にもらえるという素敵なシステムです。

 

考えた人、天才やと思う。

かつてこんな納税方法があったでしょうか?いやない。

 

国がやるべきことは、寄付金額の上限を決めたり、本来の趣旨に反する返礼品を禁止するだけでいいと思う。

モノで言うなら、その市町村の特産品もしくは地場産業に限る、でいいやん。 

返礼品の割合は各自治体が考えるべきやん。

 

たくさんの人員を割いて地場産業を盛り上げたい自治体は、割合を高くすればいい。

そんなに要らないよ、というところは低くすればいい。

 

上限が3割までて国に決められたら、お祭り感、ウハウハ感がないわ。

 

人はお得な方に流れるようになってる。

だからふるさと納税をすすめたいなら、それがお得に感じられるようにしとかないと。

だいたい市町村や生産者がいい返礼品を工夫してるのに、どこから横やりが入ったんやろか。

ふるさと納税が増えすぎて、百貨店や小売店の売上が下がったんやろか。

 

返礼品が良すぎたら、誰が困るんやろう。

 

個人的には、ふるさと納税の返礼品合戦はどんどん加熱してほしい。

 

全体量が増えれば、犬の殺処分ゼロとか返礼品じゃない寄付の総額も増えていくよ。

国が全体に冷や水を浴びせるようなことをしないでほしいな。

 

今年は事情があって、ふるさと納税出来ないから私には関係ないけども。(T_T)

 

いつか私がふるさと納税できる日まで、このシステムがありますように。

できたら、ウハウハな感じで返礼品の上限なくなってますように。(σ ̄ー ̄)σ

 

庶民のささやかな願いです。