ねこだって悩んでる

ノラ出身の黒猫「ノンちゃん」のことなど。賃貸マンションを建てることになりました。

夢の中で食べた一番美味しいものの話

 

私の特技は「夢の中で食べたものの味がわかること」でした。

 

でした、と過去形で書くのは、もう失われてしまった能力だからです。

 

 

若い頃、いろんなダイエットに挑戦していた私は、いつもお腹をすかせていました。

当然のごとく、かどうかはわかりませんが、食べ物の夢を見ることが多かったです。

しかし、習慣とは恐ろしいもので、夢なのに食べれないんですね。

 

例えば、焼きたてパンのお店に行くのにいつまでも買えない、とか。

美味しそうなバイキング料理が並んでいるのにお箸がなくて食べられない、とか。

ケーキをあ~んってされてるのに、太るからといって断ってる、とか。

料理を口に入れる直前で目が覚める、とか。

 

夢の中でも夢だとわかっているんです。

わかっているのに。なんなの?この不甲斐なさ。

 

ある日、私は決心しました。

 

 

 

「次は絶対に食べる❗」ヾ(*`⌒´*)ノ 

 

 

 

そしてその日はやってきました。

 

夢の中でよく行くパン屋さんです。(っていう書き方もおかしいですが( ̄▽ ̄;))

 

行ったことない町だけど、家の近所で駅の向こう側を一本路地に入ったところ。

並びにもう一軒パン屋さんがあるけど、そっちはフランスパン系が美味しいの。

デニッシュ系を買うときは、いつもこっちの方に来ちゃう。

どっちの店か迷って、結局買えないパターンも多い。

 

 

f:id:mingua:20170524223912j:plain

 

夢の中の私は、強く念じる。

 

 

食べるんだ❗

かぶりつくんだ❗

私は、自由なんだ~❗

 

 

と、叫んだのかどうかはわかりませんが。

 

スイートポテトデニッシュ、めっちゃ美味しかったです❤(人*´∀`)

デニッシュ、サクサク~🎵

スイートポテトも全然芋臭くないし、舌触りも素晴らしい。

そして温度。

焼きたてではなく、ちょうどデニッシュから熱が抜けて、でも冷めてない。

歯にあたるパイ生地の感触がたまりません~(*゜Q゜*)

これよこれこれ~❤

 

 

それからは、夢の中で食べれるようになっちゃったんですね~。

 

食べたいものが食べられるわけではないのが、ちと残念ですが、贅沢はいいません。

こうして私は、幸せな夢グルメを楽しんでいたのです。

 

そしてある日、気づきました。

 

夢の中の味は、今まで食べた美味しいものを再現してるのではない、ということに。

 

例えるなら、それは食べ物のイデア。理想の味。存在しない「perfect taste」。 

一点の曇り、ひとつのマイナスもない味。

 

ハンバーガーでいいますと、素晴らしい焼き具合のバンズに恐ろしく肉汁の滴るジューシーなお肉。レタスには1滴の水もついていない。ソースが垂れることもなく、きれいに噛みきれる。イヤな味がひとつもない。

 

f:id:mingua:20170524223328j:plain

 

最高の料理人が最高の材料で出してくれる最高に美味しい瞬間の食べ物。

もちろん、私好み。

 

いや、そういうことじゃないな。

味もそうだけど、一口目の美味しさが、いつまでも続くのだ。

だって、満腹にならないんだもん。

 

いつまでも一口目。永遠の一口目。

 

幸せ~と思いきや。

これがけっこう辛い。

 

だって、夢以上に美味しいものは食べられないんですよ。

 現実に食べるものが、夢の味からの減点法になってしまうのね。

 何食べても満足できなくなるの。

 

これはこれでさみしい。( TДT)

 

それに、目が覚めた時のがっがり感。

マッチ売りの少女のマッチの火が消えたよう。( TДT)

 

いいことばかりではないです。

 

 

 

ちなみに、夢グルメで一番美味しかったものは、、、

 

 

 

「バナナ揚げ団子❗」

 

 

 

(実際に売るときは名前を変えた方がいいと思う。売らないけど。)

 

いろいろ食べたやろうに、なんでバナナ揚げ団子?って自分でも思う。

 

あれはなんやったんやろうな。

 

アメリカンドッグの中身がバナナやと思ってください。

 

私はそこで働いてて。

店長に、新商品の味見してくれへんか?っていわれて食べたら、めちゃウマでな。

 

2㎝に切ったバナナを3つ串に刺して、衣を付けて揚げてあるの。

すんごく美味しいフレーバーの砂糖がまぶしてあってね。

衣は油臭くなく、表面はカリッっとしてて中ふんわり。

 

火が通ってるフルーツって、あんまり好きじゃないのにバナナが特別なんかなあ。

べっちょっとしてなくて。

あんなに美味しいもの食べたことない。実際ないんやけどね。( ̄▽ ̄;)

 

パパと付き合うことになって、もうムリなダイエットをしなくなったら、いつしかそんな夢も見なくなっちゃった。

 

でもね。ときどき食べたくなるのよ~、バナナ揚げ団子。

 

どこにも売ってないのに。

 

 

 

 

nekonoheya.hatenablog.com

nekonoheya.hatenablog.com

nekonoheya.hatenablog.com