ねこだって悩んでる

ノラ出身の黒猫「ノンちゃん」のことなど。ペットと暮らす賃貸マンションを建てることになりました。

カツオブシ作戦その2

今の家に住みはじめたのは、ノンちゃんを飼いはじめて1年半たったころ。

ちょうど今から1年前だ。

1年半も経つのに、パパには全くなつかなかった。足音を聞いただけで逃げていく。

理由は簡単。

パパが家にいないから。

コミュニケーション不足やね。

たまにやって来て、追いかけ回すおじさんを誰が好きになれようか。


そこで、私が考えたのが 「カツオブシ作戦」 だ。


ノンちゃん大好物のカツオブシはパパしかあげない、という単純なもの。

単純だが、これがハマった。


f:id:mingua:20170402102830j:plain


ネコ草とごはんゾーンにいるのに、私の方を向いていないとき。

ノンちゃんがうったえてる先にはパパがいる。


そしてパパがカツオブシをエサに振りかけてやるときだけ、ノンちゃんに近づいてもらえる。

(まだ、触らせてはもらえない)


ちょっとだけ、キャバクラに通うおじさんの気持ちがわかったような気がするわ。


こうして、毎日一年間カツオブシをあげ続けた結果、奇跡がおこったのです。



つづく